スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレーはトラックに乗って

 レトルトのカレーは、めったに食べないんですが、

 なんと初春から縁起のいいことに、月刊Aのプレゼント応募に当たり

 こんなパッケージで送られてきました。

 P1270615.jpg

 なかには、以前からある「ポークカレー」に加え

 「トマトプラス」という新商品が入ったセットでした。


 それで、こんなふうにして…

P1270616.jpg

 二つの味を楽しみました。

 個人的には普通のポークが好きですが、

 トマトが入った方は味が和らぐので、こちらが好きという人もいることでしょう。


 偶然ですが、本日16時より

 『永島敏行の農業バンザイ!すごいぞ秋田の農業』

 「かわつらカレー」を取り上げるという情報がありました。
 → http://www.akt.co.jp/info/banzai

 以前勤務した地なので、社長さんはじめお世話になった方もいます。

 新しい名産品をつくる意気込みを応援したいですね。
スポンサーサイト

イロモノと言ったらなんですが

 色物という比喩が適当かどうかわかりません。

 まあ、変化球的といったらいいのかもしれません。

 
 そんな麺類。

 22日㈰ 茶そば


 なんとなく、その色に惹かれ、久々に食しました。

 そば粉の割合からして、どうしてもうどんっぽく感じますが

 お茶の風味はよく出ていました。乾麺としては合格点。



 23日㈪ 海老味噌担々麺
DSC_0465.jpg

 見るからに「色物」という感じですね。

 秋田市の某大型ショッピングモール内のラーメン店です。

 外見で予想がつくように、濃厚でした。

 チンゲン菜の乗せ方がシャレていますね。

 この店はキムチが無料!なので、それが大きなポイントです。


 
 まあ、イロモノはイロモノ。たまに食すからこそのモノですね。

ナンキンマメも洒落たもんだ

 「ためしてガッテン」で、ピーナッツが取り上げられていました。

 もはやピーナッツ、落花生という言い方がほとんどですが

 小さい頃は「ナンキンマメ」と言っていた方も多いはずです。

 
 しかし、調べてみると、全国的にも通用する言い方ではあるのですが

 県内では「カントマメ」の方が分布が広いようでした。

 ナンキンが南京なら、カントは広東なのか…このあたりは興味深いです。

 さらになぜ「南京」なのか…これは結構、追究ネタになりそうなので、いつか別稿で。


 さて、「ためしてガッテン」では当然のごとく

 ピーナッツの効用を面白おかしく展開させていて、

 この先のピーナッツが売れ行きが明るくなるのかと思いました。

 家で作ったのは、ピーナッツを使った万能ダレ。

 すりつぶした南京豆に、酢や黒糖を入れて混ぜるだけです。

 実にコクのあるドレッシングになります。



 前日の残り物の焼き豆腐にかけて、美味しくいただきました。

 ただ「普通の木綿豆腐の方がよかったね」とは、思いました(笑)

 生野菜、温野菜、蒸し肉などにピッタリ、白米にも合うようでした。

麺食い野郎の凄い発想(笑)

 この商品には興味がありました。



 先月だったでしょうか、隣市の道の駅で見かけたときに

 「ホップそば」と「ホップうどん」の二種を買いおきしておきました。

 
 先週から今週にかけて、麺食い野郎の賞味テストをしました。ただの昼食ですが…

PC220458.jpg

 まず「そば」。

 なるほど、わずかに感じる苦みがけっこういいポイントになるようです。

 色はご覧のとおり、茶とか海草類と似ています。


 次に「うどん」。

PC250475.jpg

 見た目として、色はほぼ同じ、太さがそばの2倍程度でしょうか。

 こちらは苦みは感じませんが、モチモチ感があって食べやすいです。



 特産品に限らず、何かを練りこむ場合は、やはりうどんが優位でしょうかね。

 でも、そばの苦みの感覚も捨てがたい気がしました。

 あるかもしれないですが、おススメの食べ方など工夫してみると

 発展性がでてくるかもしれません。

 思い切って「ビール風味たれ」につけて食べるとか…なんか凄いアイデアだ。

今週の一味違う麺生活レポート

 ごく普通の「宅ラーメン」に見え、確かにその通りですが

PC060382.jpg

 実は麺が「日本農業賞大賞」を受賞した

 岩手産の「ねばりごし小麦」を使用した中華麺ということでした。

 どこか、うどんのようでもあり、つるっとした食感が一味違いました。



 ごく普通の「天ぷらうどん」に見え、確かにその通りですが

PC080395.jpg
 
 実はこの麺、「冷や麦」です。

 そうめんではあまりに細いでしょうが、冷や麦だと結構いけます。

 乗っている天ぷらは前夜の残りという

 一味違う「始末うどん」でした。



 ごく普通のお店の味噌ラーメンに見え、確かにそうですが

IMG_20161209_131128.jpg

 実は名前が「辛みそ麺」で、

 小高く見える唐辛子を溶いて食べる形です。

 これがなかなか曲者で、あっという間に沈んでしまい

 麺と具が多いので、なかなかカマスことが出来ません。

 従って、麺や具が減っていくにつれて、だんだん辛くなっていくという

 丘の上にある神社へ向かう階段を上るような状態(笑)

 最初は辛くなくて物足りないのですが

 食べた後に達成感があるという、一味違う趣きがありました。

プロフィール

spring254

Author:spring254
秋田・羽後の郷より発信。
日常と非日常を綴りながら
その先へ…

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
訪問ありがとう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。