スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドヨウにインド料理

 土用の丑の日ですが、ウナギはパスして…

 運転手がいたので、前から行ってみたかったインド料理の店へ。

 十文字の「インド料理・ビシュヌ」というところです。


 3000円で食べ放題、飲み放題(2時間)というのはお得感がありました。

 食べ物は最初、コースのように様々なものを出してくれました。



 タンドリーチキン、チキンディッカなど、生ビールにはぴったりでした。

 本当に生ビールがA社のSDであることが、つくづく残念(笑)。

 シューマイ系やから揚げ、天ぷら系などが出てきて

 最後のあたりにカレーやナンなどが選べます。

DSC_0199.jpg

 海鮮系の三種を注文して、分け合って食べました。 

 インドカレーが好きな人はやみつきになる味だと思います。

 ナンは、チーズナンが素晴らしかったです。

 このガーリックナンもオーダーしたのですが、満腹で食べ残しました。

DSC_0201.jpg

 頼んだら、持ち帰ってもいいそうで残りを包んでくれました。

 良心的です。

 異国の人たちが頑張っている姿、なかなかいいものです。

 次々に店の変わる場所ですが、繁盛して長持ちしてほしいです。
スポンサーサイト

梅雨あけたら秋が待ち遠しい

 まだ8月にもなっていないのに、何故こんなことを…。

 
 「これが最後の『渋皮煮』だよ」と解凍した栗が出されました。
 
P7280148.jpg

 なかなかいい形をしているでしょう。

 味も維持できています。

 うっかり中の部分を撮り忘れたので、

 前回食べたとき(ピントが甘いですが)のものを載せましょう。

P5230037.jpg

 普通の煮た栗はあまり食べなくともよいですが

 これは逸品だなあと思います。


 梅雨あけたとたんに、実りの秋が待ち遠しいですね。

丹精という名の食品

 これです。



 納豆です。

 残念ながら、県内産ではなかったです。

 価格は、一般的な品の2.5倍ぐらいかなと家の主婦が言っていました。

 パッケージや薬味にも気を遣っていました。

 肝心の味は…というと

P7280145.jpg

 確かに豆は柔らかいし、2.5倍美味しいとは言えないまでも

 まずまず納得できた感じです。


 そうかあ「くめ納豆」かあ、水戸?茨城県内かな?と思ったら

 なんと、何故か「愛知県」の表示が。

 調べたら、結構前に「くめ納豆」は、「ミツカングループ」になっていたんですね。


 それが、丹精を込めた仕事の結果だったかどうかは…

 今となってはわかりません。

タニタたべた

 行ってみたいと思いつつ、機会がなかった「タニタ食堂」に行ってきました。

 友人に届ける用事があり、そこから県立美術館を見学してからの昼食です。


 秋田市の「なかいち」に店が入ったのは、たしか一昨年だったと思います。

 当初、秋田人の舌に合わないのではという評判が出たようです。

 しかし、お昼前でも結構賑わっていました。



 注文したのは、基本となる週替わり、日替わり定食です。

 だいたい500kcal、塩分は3g程度になっているようです。

 スープは確かに塩分が抑えてありましたが、他は味が薄いわけではありません。

 全体的にあまり柔らかく調理をせず、噛ませることも大事にしているのだと思います。

 しっかり食べることができました。

DSC_0182.jpg

 はい、ごちそうさまでした。

 カレーもおいしそうでした。

 関心のある方、およびメニューをしりたい方は、以下のサイトへ
 
 http://www.akita-tanita.jp/


食べてみてナンボ

 地物の小玉スイカのネーミングは、なかなか素晴らしいと思いました。

 「ひとりじめ」…一人で食べたいという欲望を顕在化させました。

 「チッチェ」…「ちっちぇ」というある意味で低評価の言葉を

 カタカナによる英語風の読み方をイメージさせることで

 洒落た感じにして、親しみやすさをアピールしました。


 で、このスモモ。

 かな以前から、山梨県で生産されていたものらしいのですが

 ネーミングは「サマーエンジェル



 なんとまあ、ベタな感じでしょう。

 まるで昭和を感じさせるようです(実際はそんなに昔ではありません)

 
 しかし、味は良かったです。

 香りも甘味も、普通のスモモ(ソルダムでしょうか)より、ずっといいです。

 赤さは、かなり違いますが(7月4日アップ参照

 食べ物は、食べてみてナンボですね。

暑いときはあつく

 先週末からいい天気が続いています。

 五輪坂のスポーツガーデン前

 結構、いい絵がとれました。



 暑さもそこそこで、この施設の利用者も多いようです。

 おそらくは熟年世代でしょうが、積極的でいいなあと思います。

P1150524.jpg

 しかし、無理は禁物。

 水分補給もこまめにして、健康を十分管理しましょう。


 スポーツ後の楽しみはたくさんあるでしょうね。

 なんといっても…

 と、またビールの話題になりそうですが、

 そこは裏切って、暑いときの熱いものを一つ紹介します。

 「トマト鍋」はいかがでしょうか。

 食べておられる方もいるでしょう。

 トマト、玉ねぎ、キャベツ、キノコ、そして海鮮モノ。

 今回は、エビとイカ団子でした。


 アツアツの鍋を、ビールでぐっと流し込んだら

 シメはお米を少し入れてリゾット風に、さらにチーズ

P7250132.jpg

 当然少し「かまして」から、フ―フー言いながら、召し上がれ。

 暑いときはあつく…夏をのりきる一つの手でしょう。
 

今年はずいぶん遅れて

 連日のビールネタで、すみません。

 ベアレン醸造所の出すビールで、ヴァイツェンはベスト3に入るほど好きです。

 いつもは発売と同時に手に入れます。

 しかし隠居生活者がそんなに贅沢しては…と控えていました。

 結局、誘惑に勝てず注文してしまいました。

 「夏のヴァイツェン」



 安定した味です。

 冬バージョンとは違って、さわやかさがあります。


 去年の秋に、工場前でオクトーバーフェストに参加した時

 このビールの樽に行列を作った人の多かったこと、多かったこと…

 私もその一人でしたが。

 あの美味しさは忘れられません。

 瓶を味わいながら、思い起こしています。

桃麦酒、我が家の結論

 連日の好天気。

 今日もbeerが美味い!ということになろうかと思います。

 そこで、変わり種の紹介です。

 桃麦酒、モモビールです。



 知り合いに教えられて数年前から、この時期にはまっています。

 基本は皮をむき、そのまま一個いれたものへビールを注ぎます。

 しかし、それでは味の拡散が遅く、せっかちなビール飲みには酷なので

 小切りにした方がいいというのが、我が家の結論です。


 桃は完熟したものが当然良いです。

 桃の風味と苦みがマッチして、さわやかでかつ味わい深いです。

 桃1個で、ビール大瓶1本以上は間に合います。

 去年の初桃麦酒は、7/27でしたが、今年は少し早くなりました。
 

一番搾り評論家風

 梅雨明けはまだのようですが、

 結構、さらっとしたいい天気が続いています。

 そうなると、Beer好きには警戒の季節ですね。

 来週はまた健診があるし…

 
 言い訳めいた能書きをたれながら、

 手に入った、二つのご当地「一番搾り」を少し解説します。



 「滋賀づくり」は、通常の一番搾りと同様「麦芽、ホップ」が原料です。

 度数も5.5%で同じ、少し苦みが強く、そこが個性ですかね。

 「神戸づくり」は、「秋田」もそうでしたが「麦芽、ホップ、米」です。

 そして、その米がね、「兵庫県産山田錦」というところがウリのようです。

 味は、そんなに特徴めいたものは感じなかったです。

 その柔らかみが山田でしょうか。それとも5%からかな…


 そう考えると、秋田の6%。 

 やはり「呑兵衛」県ということですか。

邪道であっても美味

 夏の昼飯はさっぱりといきたいなあと、

 どうしても、そばとかそうめんが多くなりますね。

 先日、某家より「冷や麦」をいただきました。

 ここで、非常によくありがちな疑問。

 「そうめんと冷や麦のちがい」…私もいくつか語れますが…

 やはり、ウンチクを語るなら、このサイト↓が便利のようです。
 http://www.rcc.ricoh-japan.co.jp/rcc/breaktime/untiku/080723.html


 今日はその「冷や麦」を食べました。



 先のウンチクを読むと、この食べ方は邪道?のようです。

 けれど、美味しいです。

 「冷や麦」の太さ感にぴったりするのは、このぶっかけ風です。
プロフィール

spring254

Author:spring254
秋田・羽後の郷より発信。
日常と非日常を綴りながら
その先へ…

カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
訪問ありがとう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。