スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五味で名言、その参

 「甘味は、甘味に通ずる」

 「酸味二種あり。なれどその道は一つ」


 に続く第三弾。「辛」です。


 「辛味は、絡みがなければ価値がない」

 駄洒落モードのように聞こえるでしょうが、真実です。

 「辛い」を一般的な「激しく舌を刺激するような味」と解釈し

 英語ではhotもしくはspicyと考えることにします。

 
 「辛味」は大好きですが、甘味や酸味と比べると

 単独で考えたときに、容赦のない刺激だなあと思います。

 いくら、辛口ラーメンと言えど、大辛カレーといえど

 他の味覚があってこその「辛味」が効くという状態であることは言うまでもないでしょう。

 だから「辛いのでうまい」は、「もともとの味に、辛味が絡んで美味しい」ということです。

 他の味覚にも言えるのですが、

 辛味が一番強いことは実感できるのではないでしょうか。

 従って、私の中で「辛味」は、いつも孤独な挑戦者といったイメージです。

 無冠の帝王と言ってもいいでしょう (いったい何の大会だよっ!


 ということで、我が家の辛味メニューから

P2250731.jpg

 ご存知「麻婆豆腐」。市販の基などは使わない「四川風」です。

 山椒がかなり利いていて、「陳健一風」に近いと言ってもいいと思います。

 これにラー油をかけても、また味わいがあります。

P2250736.jpg

 もう一つは、カクテキ。これは市販品です。

 それにしてもキムチは一般的になりましたね。

 いったい、いつ頃から食べ始めたのか…

 この味覚が「辛味」の世界を広げたことだけは間違いないですね。

 
 それから 「カクテキ」って、半島のことを考えると意味深だなあと今思いました。
スポンサーサイト

五味で名言、その弐

 2回目は「酸味」。

 「酸味二種あり。なれどその道は一つ」

 もっともらしい句になりましたねえ。


 そのココロは、と申しますと…

 「酸味」は普通、よい酸味と悪い酸味があります。

 コーヒーや日本酒などでも感じる酸味は、味を際立てる特徴の一つです。

 もう一つは、俗に「すっぱくなってしまった」場合です。

 「酸味」を「すみ」と読むこともあり、 「酸いも甘いも…」という慣用句もありますね。


 しかし、いくらモノがいたんで酸味を帯びてきたとしても

 それはご承知のように「発酵」と結びついて、有益になる場合もあるのです。

 (こんな言い方はなくなりましたが)
 いくら「すっぱい奴だなあ」と馬鹿にされても、その道を突き詰めていければ

 十分に「化ける」可能性があると思うのです。

 自分がどちらの酸味であってもあきらめず頑張れ、という有難い教えですね。

 しかし、よくある駄洒落「すっぱいはしっぱいに通ずる」(笑)も

 心に留めておければ、より良いと思います。



 酸味は苦手な人もいますが、私は大好きです。

 和風の酢のものから、トムヤンクンまで、何でも派です。

 これは夕べの一品。
P2250734.jpg

 久しぶりの「酢豚」ではなく…「酢鶏」(鶏肉だったので」でした。

 豚よりも少しあっさりしていますが、ヘルシーで美味しいです。

「地元凱旋」の中華そば

 並びました。

 11時スタートということでしたので、30分前に行ったら…

DSC_0498.jpg

 54番目となりました。まあまあのポジションではないかと思います。

 せっかくですので「全部のせ」を注文しました。

DSC_0504.jpg

 食べました。

 さすがの味だと思いました。

 スープ、麺、具材のバランスがとれています。名店の味です。


 十数年前に週刊誌でたまたま見つけて、注目しつつ

 訪問したことがなかったので、「地元凱旋」が実に嬉しいです。
 
 
 秋田へのこだわりを見せているところも、本当に誇らしいと思います。
 こちらのページにも紹介されています↓
 https://r.gnavi.co.jp/f4pfphfh0000/kodawari/

 東京に行く機会があったら、訪問してみたい店になりました。


 明日、明後日も 「道の駅 うご」で提供されます。

 ラーメン好きを自称する方々は、賞味すべし!

 「あまり宣伝しなくとも…」と、駐車場係をしていた〇長さんに言われましたがネ(*^_^*)

五味の名言をつくる

 「五味」といっても、ゴミではありません。

 ご存知のとおり、人間の舌で感じる五つの味覚です。

 二通りの分類があって、

 一つは「甘・酸・辛・苦・鹹(しおからい)」

 もう一つは「辛」がなくて、「旨」が入るものです。

 
 考え方は様々ですが、一応前者をもとにイメージを考えてみました。

 その最初は「甘」


 結論…「甘味は、甘味に通ずる」

 なんのこっちゃとお思いでしょうが、読み方はこうです。

 「あまみは、かんみにつうずる」

 「あまみ」と「かんみ」は違うのです。

 「あまみ」には、文字通り「甘い味」という意味しかないのですが、

 「かんみ」となると、そこに「物事の味わい」とか「面白み」というニュアンスが加わります。

 甘いとは単に人を喜ばせるだけでなく、

 そんなふうに、もう一つ上の世界に誘い込むような味なのです。

 だからよく「甘いだけのお菓子は…」などと言われたりします。


 甘いお菓子たちよ、そこに「かんみ」がありますか?


 (菓子ラボ順の新商品構想のための試作プリン)
 まさに試行錯誤を繰り返し中。現在、バージョン3まで試作。


P2230726.jpg
 (三度目の「男の小豆煮」)
 ザラメのみ使用の上品な味わい。甘味に近づく。

〇〇風な麺生活が多い

 コミック『美味しんぼ』の作者として有名な雁屋哲のお昼は、

 毎日、麺類だと書かれてありました。

 そこまではいかないにしろ、相変わらずの麺生活です。


13日(月) 「和風たらこパスタ」風スパゲッティ


 久しぶりのスパゲッティでした。
 明太子も含めて、たらこ系はいろいろな味のバリエーションがあるので楽しめます。


14日(火) この日は、お気に入りの某レストランで十割そばをいただきました。


15日(水) 「長寿軒」風チャーシュー麺
P2150696.jpg

 いつもの生麺(ちょっと高価な)を使って、
 自家製のスープやチャーシューと合わせます。
 少し盛り過ぎですかね。


18日(土) 「横手やきそば」風焼きそば
P2180711.jpg

 福神漬けがなかったので、紅ショウガになりました。
 ショウガでも十分ですね。
 カレーライスと同様に、さまざまな漬物、ピクルス系とあわせても
 結構、面白い味覚になると思いました。


 

「はなりんご」本日アゲイン

 リンゴ好きの貴方、ゼリー好きの貴方

 限定好きの貴方、無駄遣いしない貴方

 そして、すこし「うるおい」の欠ける貴方

 その他、さまざまな貴方へ

 菓子ラボ順からの、にっこりなお知らせです。



 11月から数回販売したりんごのゼリーを再び登場させます。

 その時は「紅の夢」という話題の品種~とても赤く甘酸っぱいのが特徴~を使いました。

 そのリンゴが品薄になり、しばらく製品化できませんでした。


 今回は、ふじを使いますが、中身はグレードアップしています。

2017-02-18.png

 前は上部だけに果肉を使ったのですが

 今回は、ゼリーのなかにも入れ込んで、十分に味わえるようにしました。

DSCN0425.jpg

 雪は降るけど、だんだん春に近づきます。

 今日は大安。ぜひ「道の駅 うご」でお買い求めください。

 

 

小豆煮アゲイン

 先週は「こしあん」作りでしたが、食べるには今一つだったので

 今回は、大納言を使い、いわゆる「小豆煮」に挑戦してみました。

 詳しく記すほどではないのですが、

 ザラメも使い、やや上品に仕上げてみました。

P2160707.jpg

 それにしても「小豆」の栄養価、効能というものは凄いです。

 特に女性の方々は、このサイト↓を見ると、ちょっと驚きますよ。
  http://josei-bigaku.jp/azukikouka1122/


 
 そういえば、明日は土曜日。

 なんと「菓子ラボ 順」の「どら三昧」が道の駅店頭に並ぶ日です。

 P2110682.jpg

 ご存知の方もいると思いますが、「三昧」なので

 三種類の餡(つぶあん、カスタード、ごまあん)が気軽に楽しめる品です。

 煎茶か番茶、コーヒー、牛乳となんでも合います。

 ぜひ、お買い求めを! 結局CMとなりました(*´ω`*)

結局セオリー無視

 チョコをつまみにウイスキーでも、と思っていたのですが

 そういえば…と三年前の夏に小樽で買ってきたブランデーがあることを思い出しました。

P2150698.jpg

 これって確か結構高かったし、希少なモノだったような…

 こちらで↓ 確かめたら、やはり販売は醸造所限定でした。
http://wsk.illwax.net/nikka-single-apple-brandy-hirosaki-12/


 P2150700.jpg

 ブランデーなんて、本当に久しぶりです。

 かなり成熟した大人のようで(笑)いや、もはや老成というべきでしょうか。

 香りが高く、高級そうなチョコには、ぴったりでした。

 
 本来は食後酒なのでしょうが、食前に口にしてしまい、
 
 その後にカレーを食するという、かなりセオリー無視の食となってしまい反省です。

P2150703.jpg

 合盛カレーは、「牛筋」と「海鮮」で、ガッツリいただきました。
 

ハレの日にいただくbeer

 チョコレートと一緒に、こんなビールセットをもらいました。

P2140695.jpg

 メーカーもいろいろと売り方を考えてのことなんだろうけど

 「ハレの日」にちょいとハテナマークが浮かびます。


 バレンタインデーは、ハレの日なのか。

 「ハレの日」の「ハレ」の場合、辞書では「晴れがましい」「表だって特別な」という意味。

 曲者は「表だって」という部分か。

 百科事典を調べると…

 あっ、「キリスト教殉教者ウァレンチヌスの祝日」とありました。

 祝日なので、セーフということでしょうネ。

 
 初めて知ったウァレンチヌス様のことを思い浮かべることもなく

 美味しく2本いただきました。「青」が好みでした。

うんちくと一緒にラーメン食い

 ラーメンを漢字で書くことはあまりないと思います。

 しかし、当てられた字を知ると、少し味の知識も深まるのではないでしょうか。


 通常は「拉麺」です。

 これは「手で延ばしてつくる」という意味があります。

 また「柳麺」と書くこともあります。

 おそらくは、柳の木の細く長いところからイメージされたのでしょう。

 語源をさぐると「老麺」という書き方もされていたようです。

 ちなみに「湯麺」はタンメン。

 最初のインスタントラーメンは「鶏糸麺」という名前で発売されました。


 それは、ともかく先週は…

 6日(月) 秋田市某店で「濃厚比内地鶏ラーメン」
DSC_0477.jpg

 スープの濃厚さが思ったほどでなくて、少し残念。

 観光客にもラーメン通はいるはず、唸らせる出来を目指してほしいです。


 10日(金) 十文字ラーメンを使った自家製鶏だしチャーシュー麺
P2100674.jpg
 
 少しあっさり目で、すいすい食べられる味に仕上がりました。

 「中華そば」っていう感じになりました。


 そういえば、この頃「支那そば」とも言わなくなりましたね。
プロフィール

spring254

Author:spring254
秋田・羽後の郷より発信。
日常と非日常を綴りながら
その先へ…

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
訪問ありがとう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。