スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五味の名言をつくる

 「五味」といっても、ゴミではありません。

 ご存知のとおり、人間の舌で感じる五つの味覚です。

 二通りの分類があって、

 一つは「甘・酸・辛・苦・鹹(しおからい)」

 もう一つは「辛」がなくて、「旨」が入るものです。

 
 考え方は様々ですが、一応前者をもとにイメージを考えてみました。

 その最初は「甘」


 結論…「甘味は、甘味に通ずる」

 なんのこっちゃとお思いでしょうが、読み方はこうです。

 「あまみは、かんみにつうずる」

 「あまみ」と「かんみ」は違うのです。

 「あまみ」には、文字通り「甘い味」という意味しかないのですが、

 「かんみ」となると、そこに「物事の味わい」とか「面白み」というニュアンスが加わります。

 甘いとは単に人を喜ばせるだけでなく、

 そんなふうに、もう一つ上の世界に誘い込むような味なのです。

 だからよく「甘いだけのお菓子は…」などと言われたりします。


 甘いお菓子たちよ、そこに「かんみ」がありますか?


 (菓子ラボ順の新商品構想のための試作プリン)
 まさに試行錯誤を繰り返し中。現在、バージョン3まで試作。


P2230726.jpg
 (三度目の「男の小豆煮」)
 ザラメのみ使用の上品な味わい。甘味に近づく。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

spring254

Author:spring254
秋田・羽後の郷より発信。
日常と非日常を綴りながら
その先へ…

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
訪問ありがとう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。