スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

励ましの羊羹

 「えええっ、こんなに高いの、ただの羊羹なのに…」
と、東京駅隣接の某百貨店食品売り場で、大きな声で驚く中年男がいた。

 隣で品定めをしていた私は「そうでしょ『とらや』だもの…」と、いっぱしの通のような声を心の中で発してしまった。

 幼いころは、羊羹などはただただ甘いだけの、年寄りが口にする菓子という認識しかなかったが、いつ頃からか小豆モノ全般に強く惹かれるようになった。

 亡き祖母が、七輪に鍋をかけコトコトとかき回していた姿は忘れられない。
 あの味覚が絶品だったことに気づいたのは、ずいぶん齢を重ねたからだ。
 「とらや・夜の梅」に近い、と言ったら失礼かもしれないが、かなりいいレベルだったと思う。

 そんなこともあり、東京に行ったら(お金に余裕が少しあるとき)「とらや」を覗くことがある。
 昨年師走に職員旅行へいった時にも買い求めた。
 その時に「来年になってから食べよう」と決めて買ったものを、すっかり失念し、ようやく今月になってから思い出した。
 賞味期限寸前であった。

 申年にちなんだ商品である。
 「跳猿」と名付けられている。
 申年生まれの自分を励ましてくれる羊羹なはずである。

 パッケージは、きっと猿をイメージしたもの。
 開けてみると…
IMG_5291.jpg
 こんな感じで。

 うん、美味い。でもちょっとあっさりかな。

 「跳猿」の味に励まされつつ、
わたしは「おもかげ(黒砂糖)」が一番好き
と思ったのでありました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

spring254

Author:spring254
秋田・羽後の郷より発信。
日常と非日常を綴りながら
その先へ…

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
訪問ありがとう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。