スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色付く秋であれ

 「色付く」という言葉を調べると、普通の辞典(広辞苑など)では

 ➀(花・葉・果実などの)色がつく、目立つようになる

 ②色気が出てくる


 という2つが出てくることが多いようです。


 ところが、少し詳しい辞典で調べてみると

 「目に見えて成果があらわれる」という使い方を

 昔はしていたようです。



 今、山の中に入ると、色付き始めた植物にたくさん出合います。

 それと同じように、様々な学校や職場などでも

 色付き始めている人が多くいるのではないでしょうか。


 と言いつつ、森の中の恵みをいただき

 色付いた旬のものが口に運んでいます。

PA100213.jpg

 熱いお茶との組み合わせが、絶妙な季節になりました。

秋は進んでいます

 最近はすかっとした秋晴れがありません。

 しかし、確実に秋は進んでいますね。

 食といえば、やはりまずキノコでしょう。

 いわゆるアミタケを少し採ってきて、キノコ蒸しを食べました。



 どこから採ったかと言えば、それは秘密。驚きの場所です。

 町の生き字引とも家うべきST先生に教えていただいたのでした。


 さて、もう一つは栗ですね。

 これは明治産です。たくさんとって半分以上は冷凍し、

 とりあえずはこんな形で…

PA060199.jpg

 渋皮煮用と甘露煮用です。

 秋の味覚、楽しみです。

私の中の昭和が叫ぶ

 うどんもいいですが、秋と言えば果物の季節と言っていいでしょう。

 りんごは代表格です。

 りんごと言えば思い出す詩があります。

 まど・みちおさんの詩も有名ですが

 山村暮鳥の「りんご」も好きです。

・・・以下引用・・・

 両手をどんなに
 大きく 大きく
 ひろげても
 かかえきれないこの気持ち
 林檎が一つ
 日あたりに転がっている

・・・・・・・・・・・・・・・・



 ちなみに、このりんごは「紅玉」です。

 大好きです。でもあまり市場は出ませんね。

 見かけたら買っておいてと声をかけています。

 もちろん、他の甘いような種類も食べますが

 正直、あまり口に合いません。


 「このぐらいすっぱくなきゃ、りんごじゃねえんだよ!」

 と、私の中の「昭和」が時々叫びます。

あせらずに待ちますか

 道端に山栗が落ちているのが目立ってきました。

 いよいよ収穫の季節も近いと思います。

 待ち遠しいと書いたのが7月末。

 こんなページを書きつけていました


 そういえば…と思い出したのが
 
 中旬に東京にいった時、アメ横でつい手に取ったお菓子。

 これでした、これでした。



 この「Broken」という所に惹かれました。もちろんお値段も…。


 いよいよ開封!

P9260151.jpg

 うーん。まあまあですが、どこか人工っぽい(当たり前か)。

 たぶん「香料」というところが、それなりの結果になると思います。


 まあ、あせらずに拾える日を待ち、

 いい時期になったら、恵みをいただいて

 うちのパティシェに仕上げてもらうのを待ちますか。

うご秋景③

 やはり今の時期の田んぼの美しさ、豊かさはすばらしいです。

 さらに町内を巡りながら、感じたことがあります。

 改めて「そば」の作付けが増えたことです。

 これも映えます。


★上到米、古米沢より
P1150896.jpg


★三輪、大久保より
P1150954.jpg




 ほっ、いろんな「ステーキ」がありますが…

 白菜と帆立のステーキと名づけられた一品が目の前に。

 つけた者勝ちですね。でも味は、とてもいいです。

P9060099.jpg

 白ワインに合います。
プロフィール

spring254

Author:spring254
秋田・羽後の郷より発信。
日常と非日常を綴りながら
その先へ…

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
訪問ありがとう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。